ロコモ(運動器症候群)について

【ロコモ】って言葉ご存知でしたか?

「メタボ」ってご存知ですよね。

正式には、メタボ ⇒ メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群) と同じような使い方です。

日本整形外科学会が名づけた、

【ロコモ】は ⇒ ロコモティブ・シンドローム(運動器症候群) です。

2007年に高齢化社会の警鐘として提唱されたようですが、「メタボ」の方が流行語になってしまったようです。

どのような意味なのかは、

[運動器の障害により将来、要介護になるリスクの高い状態のこと]を言います。

運動器とは、

骨や関節、筋、腱、靭帯などを言い、体を支えたり動かしたりする重要な働きを持っている。

要するに、体を動かしたり支えたりしている足腰が衰えてくることですが

歳だから・・・しょうがないじゃないとばかり言ってられません。

「ロコモ」のキワードは確かに加齢(歳を重ねてくること)による運動機能の低下なのですが、慢性的な運動不足がさらに拍車をかけます。

これってある意味ではすごく大変なことだと思うんです。

慢性的な運動不足を解消するって・・・

朝自宅からマイカー通勤、ほぼ一日中デスクワーク、深夜の帰宅・・・

日曜日は何となくゴロゴロ・・・、たまに外出・・・

こんな生活パターンじゃ「ロコモ予備軍」になってしまいそうだし、すでになってるのかもしれません。

メタボと同じように「ロコモ」の特徴は、

しばしば深刻な病気に進行することです。

椎間板ヘルニア骨粗しょう症変形性関節炎・・・

この中でも、骨粗しょう症と変形関節炎の患者の数は4,700万人程になるそうですからくれぐれも「ロコモ」にならないように注意しましょう。

それでは簡単なロコモチェック・・・

日本生計外科学会では、「ロコチェック」と呼びますがやってみますか?

1.家の中でつまずいたり、滑ったりする。

2.片足立ちで靴下を履けない。

3.15分くらい続けて歩けない。

4.階段を上がるのに手すりが必要

5.横断歩道を青信号で渡りきれない。

五つ全部ではなく、どれか一つでも当てはまると「ロコモ」と見なします。

あなたは、いかがでしたか?

簡単な予防法ですが・・・

(予防するトレーニングのことを「ロコトレ」と言います。)

開眼片足立ち :左右一分ずつ、一日三回 (転倒しないよう机のそばでやったり、机に軽く手をおいてやってみるのも良いでしょう)

スクワット:五~六回ずつ、一日三回 (支障のある人は机に両手を置いたり、椅子に座ったまま体を少し浮かす程度でも良いでしょう)

ラジオ体操

ウォーキング

水泳

などで、体の運動器を毎日適度に使うことです。

しかし、急激に過剰な運動を始めることは関節などを痛める原因にもなります。

あなたも「ロコモ」のメンバーにならないように、毎日の適度な運動を心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたへのおすすめ記事