新型インフルエンザワクチンについて

5月12日に開催された衆議院予算委員会において、舛添厚生労働大臣は新型インフルエンザのワクチン製造に関して・・・・

「6月初め頃には新しいワクチンの製造が出来る」と述べたとの報道がありました。

さらに、

ワクチンの製造には従来の「鶏卵培養法」だと1年半から2年間程度を要するが、「細胞培養法」だと約半年間に短縮できるそうです。

予算的には、

プレパンデミックワクチン備蓄費用としての今年度当初予算66億3900万円と補正予算案に計上している新型インフルエンザワクチンの開発・生産体制強化費用1279億円を活用する考えを示したそうです。

インフルエンザは今回の新型インフルエンザだけでなく他の季節性インフルエンザも有り、配合比率や新型インフルエンザの毒性や感染の拡大などを総合的に判断するそうです。

新型インフルエンザの発生により、世界中がその対応に追われ今後の対策を行っていかなければならない事態となっているのを考えると・・・・

自分の健康管理の大切さを痛感させられました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたへのおすすめ記事