新型インフルエンザ治療薬「タミフル」

前回、医薬品のネット販売についてお話ししましたが・・・これも一つの関連事例ですね。

今注目を集めてる「新型インフルエンザ」(収束に向かってると思われますが・・)の抗インフルエンザウイルス薬(治療薬)の「タミフル」を海外から個人輸入してる方々が居るそうで、その方への厚生労働省からの注意喚起が掲載されていました。

個人輸入も自己使用ならば本人だけで済むことですが、販売された場合はどうなるか?

タミフル」そのものの信頼性が問題です。(偽タミフルが有りうるかも)

国内ではタミフルの製造・販売を承認されている製薬会社は、

「中外製薬(本社:東京)」一社だそうです。

その他の業者の扱うタミフルは未承認だそうです。

????(私の頭の中)

「タミフル」って言っても成分の違いによっていろんな種類があるのかな~って疑問にぶつかる。

さらに、海外で製造・販売されてるタミフルとなるとどうなってるの???

自己防衛の為に「タミフル」を購入しておくって考えは必要な事かもしれないが、購入する医薬品については十分な知識と製造社の確認が大事だと思います。

医薬品に限らず自己利益の為にコピー商品などの不正販売を行うのも「人」です。

現在では、ネットで海外より購入しそれを国内で販売してる方々は沢山います。

それらの行為がすべて悪いといってるのではなく、購入者が選別出来るスキル(能力)を身につけることが大事だと思います。

ネットショップもリアルショップも購入は自分の意思で行うものだし、選別する判断の一つが商品表示だと思うのでこの商品表示には正確性・信頼性が重要だと思う。

昨年からの偽装表示が行われるならば、購入者はなにを頼りに購入すればよいのかと腹が立つ世の中ですからあなたも気をつけてください!

【参考】

厚生労働省

[抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」に係るインターネットによる個人輸入について]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です