腰痛って病気?

腰の骨やその周囲の筋肉などが痛む時に、「腰痛かな~?」ってよく言いますが・・・

腰が痛くなる原因は、いろんな場合があるようです。

・背筋など筋肉の疲労による痛み

・背骨や腰骨、あるいは神経による痛み

・他の病気による痛み

一般的にスポーツや怪我などは別にして普通の生活をしてる中で腰が痛くなるのは、30~40代以降が多くなります。

ほとんどの人達が一度は経験するのではないでしょうか?

あなたが腰が痛いのであれば、何が原因なのかは調べておくべきだと思います。

他の病気によっても腰は痛くなるからです!

あなたの背骨はどうなってるか知ってますか?

背骨は首の骨(頸椎:けいつい)からお尻の尾骨まで32~35個の積み重なった脊椎で出来ています。

その中で腰椎は5個あります。

また、脊椎の大きさは、一般的に身長や性別が同じならば大きさもほぼ同じです。

スポーツや訓練などで鍛えた人は別ですが、肥満体だから大きいわけではありませんし、痩せているから小さいと言うわけでもありません。

腰椎(腰骨)の一番下の部分ではあなたの体重の60%がかかり、腰を曲げたときにはその4倍もの荷重がかかると言われています。

肥満体の人と痩せた人どちらが腰椎に負担がかかるかお分かりになると思います。

【腰痛の原因】

① 背骨やその周囲の筋肉などによる痛み

②内臓の病気(婦人病の病気も含む)による痛み

③神経の病気による痛み

④血管の病気による痛み

⑤心因性による痛み

などに大別されますが、その中でも最も多い腰痛は、①の整形外科的な原因によるものです。

しかし、

胆石など内臓の病気や子宮筋腫や月経異常など婦人科の病気によっても腰は痛みます。

さらに、

神経や血管の病気だけでなく「心」の病が原因であっても腰は痛みます。

重要なことは、

腰の痛み⇒整形外科と決めつけるのではなく、他科でも検査してもらい原因をはっきりさせることです!


腰痛の治療や時期についてなのですが・・・・

腰痛って治療を行わなくても自然に治る場合もありますが、腰痛の原因や状況に応じて治療を行う必要があります。

急性腰痛の場合

背骨やその周辺の筋肉などの負担を軽くするため、横になって休むなど安静をとることが第一です。

寝るときは本人が最も楽な姿勢、痛みのない姿勢をとるのがよいが、あお向けで膝下に枕を置いた姿勢やエビのように腰を曲げた姿勢が良いと思われます。

(長期の安静は、筋・骨格系や心・血管系の衰えにつながるので安静期間は短期間であるほど望ましく、2日以上の安静臥床はむしろ有害との報告もあります)

腰を温めることも効果があります。

症状が強い場合の消炎鎮痛薬や筋肉の緊張を取り除く薬の服用 ⇒ 必ず医師の指示に従うことです!

(ぜんそくの持病がある人などはぜんそくを誘発したり、他の病気で薬を服用してる人も併用することによって副作用が起こることもあります)

ぎっくり腰などの強い痛みのときは、硬膜外ブロックなどの注射

【参考文献・資料等】

家庭医学大辞典(小学館)

慢性の腰痛の場合については、またの機会にお知らせします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたへのおすすめ記事